onewaylounge

「スリラーを選択したのがそもそもの間違い」



「スリラーを選択したのがそもそもの間違い」

暫く間が空いてしまいました。
こんにちは、マツモトです。
ってことで何の前触れもなく再開します。

基本、私はこういう作文(?)をするときは音楽を聴かないようにしてます。
音楽を聴きながら何かをするということが苦手なのです。
しかし、今回は音楽を聴きながらの作文を行っています。
実は今、ネットカフェにいるのですが、隣のフランス人がずっと喋っているのです。
気が散りますね。
てことで、BGMはマイケル・ジャクソンの「スリラー」です。
余計気が散ります。

ママセーママサーママクサ

何のおまじないですか?

でも、このアルバム、何度聴いても飽きないんですよ。
今更言うことでもありませんけどね。
クインシー・ジョーンズがプロデュースで、
TOTOのメンバーがカッチリ演奏してて、
ちょっとエディ・ヴァン・ヘイレンがライトハンドでピロリロテラテロして、
ポール・マッカートニーとデュエットしたりして、
マイケルがアオッ。

えーと・・・

そうそう、先日念願のケーキバイキングに行きました。

うわー、スリラー始まっちゃったよ。

・・・。

ということで、スリラーを聴いてる間、完全に手が止まってしましまいた。
でも、間髪入れずにビートイットが始まっています。
スティーブ・ルカサーとエディ・ヴァン・ヘイレンのギターがカッコよすぎですね。
この曲はプロモーションビデオも最高ですね。
最後の敵も味方も一緒に踊ってるとことか。

・・・駄目だ、やっぱ書くの無理です。

ビリー・ジーンの元ネタはマイケルのストーカーだそうです。
兄のジャーメインとデビー・ギブソンの痴話という異説もあるそうです。

じゃ、そういうことで。
ヒューマンネイチャーはゆっくり聴きたいので。

ではでは。


   

HOMECOLUMN|Copyright © 2012 onewaylounge.