onewaylounge

こんにちは



こんにちは

ご機嫌如何ですか?

マツモトです

何を勘違いしているのかわかりませんが、恋愛の相談をされることが多々ありま
す。
勿論、相談されたら私なりに考えるつもりではいますが、少なくとも「こうした
方がいい」「こうするべきだ」なんて言う程に様々なことを知っているわけでは
ありませんし、そういうときに利いた風な口きくのも嫌いですから。
ましてや、会って間もない、しかも男となれば尚更相談に乗る気など微塵もなく
なります。

で、先日も
「まぁ…したいようにするのが一番ですよ」
と、私としては真っ当なことを言ったつもりだったのですが
「どうしたらいいかわからないから聞いたんじゃないですか!」
と、激昂されてしまい
「まぁ、そうなんでしょうけどね」
なんて言ってニヤニヤするに留まったわけです。

人の悩みは十人十色です。
勿論、どんな悩みであれ、本人にとっては真剣なものであることもわかっている
つもりです。
そして、それを相談するのも人の勝手です。
しかし、相談した際に「こういう風に言ってもらいたかった」的な甘えを全面に
押し出すのは如何なものかと思います。

初対面に近い男じゃ尚更、ねぇ。

えーと…
そうそう、花火大会に行きました。
豪華に刹那に舞い上がる奴等の潔さは本当に尊敬に値します。
まぁ、見習いたくはないですけどね。
しかし、女性に浴衣を着せて、自分は普段着の男のなんと多いことか。
さて、今年は浴衣を着る機会があるやら。

その鍵はみなさんが握ってます!

…。

あ、音楽だ。

今回は
「真夏にクーラーぎんぎんに効かせて聴くアルバム」
にします

Future Days / CAN
所謂ジャーマンロックの傑作。
狂気ギリギリのダモ・鈴木のボーカルと、中毒まっしぐらな音。
完全に金縛りにあいます。

In A Silent Way / Miles Davis
一言で言うなら「一切波のたたない水面」みたいな音楽。石投げたら殺される。
終始そんな緊張感。

The Love Movement / A Tribe Called Quest
彼等のラストアルバム。
引き算の美学。
一番好きなヒップホップアルバムです。
特に「Give Me」は今回の個人的テーマ曲です。

ジャンル、曲調は違えど、どのアルバムも聴くと身動きとれなくなります。
暑がりの私としては体を芯から冷やしたいので、これで身も心もクールダウンし
ます。

ではでは


   

HOMECOLUMN|Copyright © 2012 onewaylounge.