onewaylounge




可聴周波数域なるものをご存知でしょうか?

年齢によって、聞こえる音域が変化するというアレです。
ヒトの耳は20代前後をピークに聴力が低下し、歳をとればとるだけ可聴域が狭くなり、最終的には難聴になる訳です。
裏を返せば、若者ほど、多くの音(特に高音域)が聞こえている為、騒がしい世の中で生きていると言う事にもなりますね。

モスキート音とかいう音響機器が開発されて、「20代前半には聞こえるけど30代以降には聞こえない音を、コンビニ前で流し続けた結果、コンビニ前でたむろする若者達を追い払う事に成功!!!。」なんていうテレビ番組も見た気がします。


さて、DJまがいの事をやっていれば、耳を通常以上に酷使している気にもなります。
クラブのフロアーの爆音にも負けないような音量で、ヘッドフォンを耳にくっつけて音を探っている訳ですから…。
僕の好きな「KARMA」も「しばらく活動してないな〜」なんて思っていたら、DJの為に難聴になって活動を休止していたらしいです。昨年位から活動再開してましたが…。ところで、難聴って治るものなのでしょうか。何かトレーニングとかをすればいいのでしょうか?
そちらの方が気になってきました。

話が逸れましたが、面白半分、心配半分で、僕も何人かでワイワイと試してみました、可聴周波数域を。
年齢差はあっても、だいたい20Hz〜20000Hz(個人差あり)がヒトの可聴周波数域らしいです。
僕自身は、100Hz〜18000Hz 位まで聞こえたので、まだまだ大丈夫そうでした。
でも、自分より若い人が20000Hzとか普通に聞こえているのに、自分は全く聞こえていない状況は何だか寂しかったです。


気になった方は、下記からどうぞ。

★可聴周波数域チェッカ★




   

HOMECOLUMN|Copyright © 2012 onewaylounge.