onewaylounge

ブエナスタルデス



ブエナスタルデス

コモエスタ?

マツモトです

「愛媛県には、みかんジュースの出る蛇口が一家に一個ある」

という都市伝説をご存知でしょうか?
ある意味、人々の憧れが生み出した伝説とでも言いましょうか。
水道の蛇口からジュースが出てくる。
「あったらいいのになぁ」ときっと誰しもが頭の片隅で考えたことのある代物
ではないかと思うのです。
しかし流石は愛媛県人、何が流石かはさておき、
「なんなら作ってやろうじゃねぇの」
とばかりに、県内の空港にみかんジュースの出る蛇口を設置したのは
随分と前の話で、あまりタイムリーな話題でもないのですが、
先日そのファンタスティックな蛇口様が東京に上陸したのです。

なんでも、四国祭(名前うろ覚え)なるイベントがあり、
その一環でお出ましになったとか。
四国を故郷に持つ友人に祭参加の誘いを受けていたのですが、
諸般の事情により断念。一夜限りの祭と聞いていたので、
結局お目にかかることができませんでした。

・・・という、全く無益な情報の垂れ流しでした。

とはいえ、そういう小さな憧れやら夢ってのは結構忘れがちなものです。
ですから、それを具現化した愛媛県の大の大人達に最敬礼ですね。

そんな中、ちょっと流行からは遅れ気味なようですが、
またもや私の耳に、ヘンゼルとグレーテル的な情報が入ってきました。

「巷ではチョコレートの噴水が流行っている」

というのです。
なんでも小洒落てチョコレート・ファウンテンなんて英語になって。
そいつにマシュマロだとかフルーツをズバッと放り込んで食すものだそうで、
調べてみたら、結構東京近郊でも体験できるみたいですね。
近いうちにチョコレートファウンテン、挑戦したいと思います。

ええ、ご一緒してくださる女性、随時募集中です。

・・・さて、「OneWayコラム」と題して、これからメンバーが順番に書いていくわけですが、音楽イベントのホームページですから、やはり音楽に関係しなければいけませんね。
えっと・・・「みかん」と「夢」と「チョコレート」がキーワードってことで、
そこからパッと思いついた私の好きなアルバムなり曲でも紹介しましょうかね。
うん、これからもそうします。


● Orenges & lemons / XTC

● ドリーム / サイプレス上野とロベルト吉野

● Like Water for Chocolate / Common


うん、80年代、90年代、00年代、一応カバーしましたね。
そんでおまけ

● チョコレイト・ディスコ(アルバム「GAME」収録) / Perfume


解説とか批評は勘弁してください、そういうの苦手なんで。
先ずは聴いてみることが音楽の基本ですから。

ではでは

アシタマニアーナ


   

HOMECOLUMN|Copyright © 2012 onewaylounge.